カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

カンヌ映画祭の文化庁・ユニジャパン・ジェトロのジャパンブースにみる国際舞台における映画行政とロケ誘致の問題

もし、目まぐるしく変動している映画産業の国際舞台において、そこがどんな場所なのか認識せず、毎年予算を執行するだけの感覚の日本政府が日本代表として現地で「ジャパン」の看板を掲げていたら?

もし、毎年行なわれている主要国際映画祭など世界のイベントにおいて、日本代表の映画産業の窓口を自国の映画産業の発展の為の取り組みの認識すら持たない人間が行なっていたら?

もし、そんな日本代表が存在していたら、日本が獲得すべき映画産業の雇用、未来に繋がるプロダクション経験は他国への流出し続け、日本の立場を著しく損ねる原因となる。

しかし今述べた「もし」は決して仮定ではなく、何年も続く日本の映画行政の姿である。

2014年のカンヌ映画祭・フィルムマーケットに参加した。

カンヌフィルムマーケットにはインターナショナルビレッジ(国際村)といって、様々な国がパビリオンやブース設けている。

画像

国が出展しているパビリオンやブースの最大の目的、役割とも言っても過言でないことは自国へのプロダクション誘致である。

日本も毎年文化庁から事業委託されたジャパンブースなるものを出展している。

今や外国からの産業投資の獲得、自国の雇用創出プロダクション誘致こそ各国共通の最大の国家課題で、色々な国が地元プロデューサーと海外プロデューサーの交流の為のネットワーキングパーティを開いたり、ロケ誘致や共同製作についてのセミナーを開催している。

また、こうした場所にはロケ誘致に精通した担当者が待機し、政府のインセンティブをはじめとする制度や、撮影ガイドブックなどの配布している。

カンヌ出発前にはプロデューサー宛にこういった様々な国からカンヌでのイベントの招待状が次々届く。

私もインド政府から招待状が届き、ネットワーキングのカクテルパーティに参加した。

会場にはインド人プロデューサー、監督達がいて、「インドロケの相談なら何でも言ってくれ」とインドへのプロダクション誘致のための交流をしていた。

画像

会場には共同製作協定があるインドーフランス共同製作のヒット映画「めぐり逢わせのお弁当」のフランス人プロデューサーとも出会うことができた。

彼からは「製作費の20%還元制度があるフランスで是非映画を撮ってよ」という民間交流もあった。

また別の日、オーストラリアのプロデューサーとのミーディングを行い、その場所はオーストラリアの政府系映画行政機関Screen Australiaのオフィスであった。

各国から集った映画人が自国のブースを使うのは当然の常識である。

またフィルムマーケット参加者全員に配られるバッグには、パナマフィルムコミッションが自国の15%現金還元のインセンティブを宣伝した傘を提供していた。

この時期雨の多いカンヌで雨が降れば、この傘が会場に溢れることになる。

DSC_0519DSC_0516DSC_0515

こういったように海外の主要映画祭やマーケットでは、世界的にみても国家戦略としてプロダクション誘致が盛んに行なわれいる。

すなわち映画ロケ誘致とは国際舞台でこうした激しい国際競争の勝つ必要がある案件である。

カンヌ映画祭の文化庁・ユニジャパン・ジェトロのジャパンブースにみる国際舞台における映画行政とロケ誘致の問題 の続きを読む

広告

私論「海外映画ロケ誘致計画書」

目次:

  1. 誘致の目的の明確化:なぜ国策としての誘致なのか?
  2. 日本のロケ誘致に関する己の問題点を知ることから始める:なぜ日本に来ないか?
  3. 日本の誘致の可能性: 日本の取り組むべき施策を考える。

私論「海外映画ロケ誘致計画書」 の続きを読む

再投稿:映画「ホテルチェルシー」ストーリー解説

7月16日に映画「ホテルチェルシー」DVDが販売、レンタル開始となりました。以前本ブログで紹介したストーリー解説を再度ご紹介したいと思います。また、ホテルチェルシー関連の投稿は「映画ホテルチェルシー」のカテゴリーにまとめてありますので、合わせてご覧頂ければと思います。また、上の「メディア情報」にはホテルチェルシー公開に基づきインタビュー頂いたメディアを紹介しています。インタビューでは製作の裏側のエピソードもご紹介していますのでご覧ください。

最後にあたらめて映画「ホテルチェルシー」をご覧頂いた皆様に感謝申し上げます。

ヒロ・マスダ

———————————————

以下再投稿

ホテルチェルシーのストーリーは3つの世界からできています。1つは現実の世界でスミス刑事が取り調べを行っている。2つ目はエミの供述の世界。3つ目はエミの供述の中に出てくる回想の世界。いわば映画が始まってすぐに私たちはエミの心理の中(2と3の世界)を視覚化して見ていることになります。またエミの供述の断片の時系列は前後し前のシーンや後に出てくるシーンと繋がっていきます。このストーリー解説を入り組んだ謎のヒントに使って頂ければと思います。****これよりさきはネタばれを含みます。それではスミス刑事の供述調書と仮定してエミの供述を時系列ごとに追っていきたいと思います。

再投稿:映画「ホテルチェルシー」ストーリー解説 の続きを読む

ニューヨークタイムズ特集記事「C’est Magnifique」 

6月26日土曜日のニューヨークタイムズの記事に友人のアルフレッド・アルブリジオとアルブリジオ家が長年経営しているジュエリーショップ「C’est Magnifique」(セ・マニフィーク)が特集されていた。記事には1959年からニューヨークのグリニッジビレッジにある彼の店の歴史、創業者である彼の大叔父のファンジーことアルフォンゾと妻のジョセフィンと、そしてあるイアリングについて書かれていた。また、ニューヨークの街の移り変わりも伝えていた。

私とC’est Magnifiqueとの出会いは私がニューヨークに滞在していた時にさかのぼる。スカルリングが好きで当時からよくカスタムジュエリーをオーダーしていた。スカルリングにはメメントモリという意味があり、これはラテン語で「人は皆死ぬのだから、生きている一瞬を大切に生きろ」という意味がある。

今、一番愛用しているゴールドのスカルリングもアルフレッドにオーダーしたものである。このリングには少し思い入れがある。私がニューヨークに渡る前、アルバイト先のお客さんから純金の小判を一枚頂いた。金はは世界のどこへいっても価値のあるものだから、何か困った時の為に持っておいてと言って頂いたものだった。ニューヨークに8年滞在しているお守りとして持っていた、幸運にもこの金に助けられるような困難には遭遇せずに滞在を終えた。帰国後、一度挨拶をしようとこの方を訪ねると、私の渡米して2年後に亡くなっていたことがわかった。その為,これから海外に出る際にもいつも身に付けていられるようこの純金の小判をアルフレッドがデザインしたスカルリングにしてもらった。

彼らのジュエリーラインの一つの「フラッシュポイント」は日本のファッション雑誌にも取り上げられることが多い。ニューヨークにいた時、日本に帰国する際、日本で発売になる雑誌なども買ってあげたりした。父親のアルフレッド2世も典型的なイタリア系アメリカ人で、英語のアクセントや人柄も含め古きニューヨーカーを象徴するような人である。人情や人のつながりを大事にする様は、日本の古い下町の人情にも似ている。

アルフレッドには映画「ホテルチェルシー」においてもストーリーの鍵となる結婚指輪のデザインも担当してもらい、また映画にも少しだが出演してもらった。

(c) Hotel Chelsea Film Partners 2009:映画ホテルチェルシーより:アルフレッドデザインの結婚指輪

この店のクライアントにはマドンナ、プリンス、パールジャム、ジョニー・デップなどがいて、改装前にはファンジーとジョニーデップとの写真などが店中に貼られていた。現在は3代目にあたるアルフレッドが店を切り盛りしている。

ニューヨークタイムズの記事にもどるが、あるイアリングが取り上げられている。ラインストーンでできたシルバーのシャンデリアイアリングである。店のショーケースに飾られているのだが、売り物ではないらしい。私もこのやり取りを一度見た事がある。ある女性客が見せて欲しいと頼むと、アルフレッドが「これ売り物じゃないんだ」と言っていた。なぜ売り物じゃないかというと、これは先代の妻が大事にしていたものであるからである。世界を回ってアンティークのジュエリーを集めていたジョセフィンはフォンジーとの結婚式にこのイアリングをつけていたのだという。しかし、ジョセフィンは1981年に亡くなって、ファンジーはこのイアリングを店頭に飾り続けていつという。

しかし、ファンジーは1994年にこの店で客と口論となりナイフで刺され殺害されている。79歳だったという。ブロンクス生まれの先代は、昔歯科技工士として働いていて、その技術を生かしジュエリーを製作していた。とても親切に人柄で、貧しいホームレスに食事を与えたりしていたという。先代の事は知っていたが、殺害されていたことは知らなかった。その後店は父のアルフレッド2世とアルフレッドが現在店を経営している。もちろん、ファンジーの意思を引き継ぐため、今でもアルフレッドもこのイアリングを決して売らない。

映画を作っているが、やはり本当のドラマは人間の人生にあるとあためて思うような特集記事であった。

ただ新聞の最後にはこの店の将来を心配している声が紹介されている。ビルのオーナーが代わり、店の賃貸契約があと2年で切れると言う。私がニューヨークにいた際も、ニューヨークの象徴と言うべき古いベーカリーやデリが閉店になる話題を耳にした。私の映画の舞台になった、チェルシーホテルもオーナーが代わり、改装計画が持ち上がっていた。久々にニューヨークに戻ると、無くなっている店があることも少なくない。

時代の流れかもしれないが、華やかなニューヨークの影で数々の歴史のあるニューヨークが消えている現状もある。アルブリジオ家3世代引き継がれているC’est Magnifiqueはこれからもニューヨークにあり続けていて欲しい。

デザイナーのアルフレッド (ホテルチェルシーにも友情出演)写真:(c) Ashley Gilbertson for New York Times

ニューヨークタイムズ:New York Time Article: The Earings. Not for sale. Funzy Said So by SARAH MASLIN NIR

http://www.nytimes.com/2010/06/20/nyregion/20joint.html

映画「ホテルチェルシー」追加劇場公開決定 

映画「ホテルチェルシー」の追加劇場公開が決定致しました。最寄りの皆様お誘い合わせの上、是非劇場へ足をお運びください。

スケジュールは以下の通りです。

7月3日(土)ー7月9日(金)レイトショー

山形 Movie On やまがた

7月10日(土)ー16日(金)19:00ー20:15

名古屋 シネマスコーレ

追加公開に至ることになり、改めてこの作品を取り上げて頂いたメディアの皆様、東京上映時に足を運んで頂いた皆様、そしてご感想やレビューを広めて頂いた皆様に感謝申し上げます。皆様のお声がこの映画の大きな支えです。

また、今回劇場にいらして頂ける皆様も、74分の上映後この作品を気に入って頂ければと願っております。

海外映画プロダクションの日本への招致と行政

近年、国の行政機関、地方自治体および新規設立の特別法人において「日本へ海外からの映画プロダクション」を招致しようという政策を見ることができます。ローケーションなど行政からの協力は映画製作にとってとても重要になり、こういった動きによりより日本が映画製作に「Friendly」な国へとなることで多くの国で日本を題材にした映画が作られるきっかけとなり、世界にむけて「日本文化」を発信する場にも繋がります。

ホテルチェルシーの制作の際に触れましたが、ニューヨークに世界の映画製作が集まる理由は、世界の人々が集まる街の魅力が映画の題材にしやすいことだけでなく、ニューヨーク市の映画製作に対する行政が進んでいる面もあります。

今週、各省庁や地方行政機関などに海外の映画招致の事でお話させて頂く機会がありました。しかし、個人的に感じた事は、「海外映画の招致」の政策とは裏腹に、「実」の意味で映画プロダクションを支援するシステムが整っていないことが感じました。ある行政機関からは、「映画を奨励するためにでの海外へのプロモーションをする政策はとっているが、来日するプロダクションに対しての実支援や協力政策は現在ない」というものでした。また別の機関でも同様の返事とともに「残念ながら日本に置いて海外のような協力体制は確立されていない」との返事をききました。もちろん海外のような協力体制がないのは、日本の行政の仕組みそのものが違うためでもあるので簡単ではありません。

例えばアメリカの地方自治はまったく異なっています。ニューヨークの独自の政策が直接反映できるためこうした進んだ映画奨励政策が取れるわけで、ロケーションにしてもニューヨークの市道の撮影許可はすべてニューヨーク市から発行でき、無償で警察官を派遣し道を閉鎖してもらうことも可能です。また税制の優遇もあります。しかし、仮に東京都の場合、東京都内の道の一部は国道であったり、管轄の問題もでてきます。また、海外が魅力的と考える東京の各所での撮影許可の手続きや申請は難しい場所がほとんどで、その他の諸問題もおおく存在しています。おそらく海外からのプロダクションからすれば、非常に映画が撮りにくい環境にあります。東京で撮影されたあるハリウッド映画もゲリラで撮影した箇所があると聞いたこともあります。

もちろん現在行われている海外に日本をプロモーションする政策も重要です。日本の地方では世界にまだ知られていない映画撮影の名所や、撮影に非常に「Friendly」な行政政策も各自治体で行われています。友人からの話では地方では自治体が撮影誘致に力を入れているとも聞きました。

また海外からのプロダクションの撮影の難しさは個々の行政機関の努力では解決しない問題でもあります。個人的意見ですが「日本が海外プロダクションが日本に来て映画製作する際に何ができるか?」という具体的政策整備があればと感じました。撮影現場で本当に必要なことは必ずしも金銭的支援であるとは限りません。言語や習慣が違う環境で撮影する海外クルーが必要なもの、手続きの簡素化、撮影許可の寛大化など「実」の支援で、海外からの撮影は増え、結果経済や雇用効果だけでなく、日本の俳優や日本文化がより映画芸術を通して世界に広まっていく機会に繋がればと思います。

ホテルチェルシー劇場公開を終えて

本日14日で映画「ホテルチェルシー」の劇場公開日程が終わりました。劇場に足を運んで頂いた皆様全員に感謝申し上げます。また、小さなインディペンデント映画である本作品を紹介して頂いた全てのプレスの方々にも重ねてお礼を申し上げます。

企画書、脚本執筆から1年8ヶ月を経てようやく完成した作品でした。

私にとって映画作品を製作することをこれまでの目標としてきました。今回第一回脚本、プロデュース作品を製作するにあたり日本、ニューヨーク、メキシコで多くの人との出会いに恵まれ作品を残す事ができました。そして公開によりこの作品がアメリカ、ドイツでの映画祭でご覧頂いた皆様、そして日本劇場公開でご覧頂いた方々と出会う事ができたことが何より嬉しく思います。映画をご覧頂いた皆様にとって楽しんで頂けた74分であって欲しいと願っています。

今後とも「ホテルチェルシー」、およびこれから製作するヒロ・マスダの作品をよろしくお願い致します。

Ichigo Ichie Films LLC

ヒロ・マスダ

ホテルチェルシー脚本執筆エピソード:チェルシーホテル歴史とシェイクスピア

本日でホテルチェルシーの劇場公開が終了しました。ご来場頂いた皆様にあらためて感謝致します。ここで脚本執筆のエピソードを紹介したいと思います。今回「ホテルチェルシー」の脚本に影響を受けた要素にはチェルシーホテルの歴史とシェイクスピアがあります。

ホテルチェルシー脚本執筆エピソード:チェルシーホテル歴史とシェイクスピア の続きを読む