カテゴリー別アーカイブ: 映画鑑賞

松井久子監督 映画「レオニー」鑑賞:レオニー・ギルモアに見る映画の中のフェミニズム

(c) Leonie Partners LLC 2010

本日、角川映画試写室にて松井久子監督「レオニー」を鑑賞する。20世紀初頭、遠い異国の地「日本」で女を生きたアメリカ人女性で彫刻家イサムノグチの母「レオニー・ギルモア」の半生を描いた作品である。

観賞後様々なことが感情に残る中、映画が伝えるテーマとして残った言葉は「女性」であった。それは同時に主人公レオニーを通して強いフェミニズムを感じた。

女性プロタゴニスト映画のフェミニズムはしばしば女性平等あるいは反男尊女卑、戦う強い女性の象徴と誤解されるが、フェミニズムとは決して単純に男女のプロタゴニストの立場を逆転させたものや、「去勢されたMasculinity」的男性描写ではない。本作品から感じる「女性」また「フェミニズム」とは女性が女性であるまま、女性が女性として生きる様である。本映画のプロタゴニスト、レオニー・ギルモアは、過酷な時代背景、異国での社会環境の中、男性や社会概念の要求する「女性像」ではなく、まっすぐに女性としての運命を生きぬいた女性として描かれている。

女性が女性として生き抜く様とはどういうことか? レオニーは大学で学んだ後、ニューヨークで出会った日本人青年ヨネ・ノグチと詩や文学で愛を語り、恋に落ち、やがて息子イサムを身ごもる。そして戦争など様々な時代背景が運命を左右する中、アメリカに残された幼子と共に言葉も通じない異国の地「日本」への移住を決意する。ここでは愛に生きる女性、そして母親としての女性の姿が見て取れる。

しかし移住後、レオニーを待ち受けていたのは過酷な運命であった。愛のため、そして子のために選択した日本移住も、男性の所有物であるかのような女性であることが求められる社会、さらにこの社会概念で生きる日本の女性からも男性が求める「女性」であることを促される社会に直面する。最後には、別の家庭を持つという夫の裏切りに遭う。しかし、ここで彼女が選んだ道は女性が女性であるままに独立して生きる姿であり母の姿であった。印象に残るっている場面がある。家を出る事を決意し椅子を運び出している様子を見たヨネがそれを止めるよう命令するが、レオニーがその指示を振り払い椅子の運び出させる指示を出すシーンである。このシーンはレオニーが女性として独立を選択した瞬間にも見てとれた。

男性を愛することも女性の姿である。レオニーは愛にもまっすぐに生きた女性でもあった。レオニーは日本にきて第二子アイリスを身ごもる。父親の名前は明かされないが、レオニーは、「真摯で私の必要な時にそばにいてくれた男を愛した」と語る。ヨネからは「Slut」(ふしだらな女)と言う言葉が投げかけられるが、レオニーは女性であり、彼の妻ではなかった。独立した女性が人を愛することも女性が女性であるままの生き方として表現されている。またレオニーの人を愛する観念を象徴する描写に、レオニーが帰国を決意し桜の木々のたもとでヨネと対峙するシーンがある。桜をバックに一度は愛し合い、子供を授かった男女が向き合うワンカットには、決して切れることのない愛情が表現されているようにも見えた。しかし、次の瞬間、レオニーは振り向きその愛情を断つかのようにヨネに背を向け別れ、これが二人にとっての永遠の別れとなる。このシーンの直後は、このカットが私の心に強く残った。しかし、後半に進むことでこの意味を理解する。レオニーの脳裏にもこのシーンの記憶が焼き付いて離れなかったと分かる。その後、長い年月を経て日本へ渡る息子イサムに託すヨネへの言葉の中に、レオニーの愛にまっすぐに向き合う女性像が如実に感じる事ができる。このシーンは私にとって一番印象深いものであった。

映画の中のレオニー・ギルモアは、決して困難や悲運と戦うスーパーヒーロー(ヒロイン)として描かれていはいない。女性を形成する知性を持ち、情熱的に人を愛する女性、母、女性としての運命と一生を全うする姿として描かれている。女性が女性であるままの形のフェミニズムがこの映画には込められていると感じた。

*******あとがき*********

私はこの映画の企画段階であった2005年の6月、当時ニューヨークのジャパンソサエティにおける「折り梅」の上映でいらしていた松井監督とお会いした経緯がある。当時から計算しても5年の月日が流れている。実際に監督はこの映画に7年の月日を費やしているという。この映画鑑賞後、監督がなぜこの映画に絶え間ない情熱を注いで来た意味が分かるような気がし、時折映画の中のレオニーの姿が松井監督の生き方にオーバーラップするようにも感じた。

また映画製作者として、この歴史的スケールの大きな作品を生み出すまでの多大な困難、苦労は容易に察することができる。世界の映画社会で女性監督が商業映画を生み出すという意味、製作、監督、脚本の3足のわらじを履いての映画製作、スタジオ製作ではないインディペンデント映画のファイナンスの問題とそのリスク。また海外合作映画においては、言語の問題、契約問題、異国とのパートナーシップ、国柄による人間関係の違い、クリエイティブな議論、キャストのクルーの統率と途方もない過程と苦労がある。この作品の2時間12分裏にはこういった経緯があること理解している。しかし、監督は7年の月日を経てこの映画を完成し、世に送り出した。日本よりこの映画が発信されたことは大きな賞賛に値し、偉業ともいえる。

映画「ホテルチェルシー」公開をむかえて

映画「ホテルチェルシー」の公開までいよいよ2週間を切りました。思い返せばここまでくるまで長い道のりでした。

この映画の構想を始めたのは2008年の9月でした。そして脚本を書き、それを英語 に翻訳しました。そして、12月に単身でニューヨークへ飛びました。現地では、キャスティング、スタッフの確保、俳優とクルーの契約書の作成、チェルシーホテルを含むロケーションの確保、撮影スケジュールの立案、演出の打ち合わせ、機材確保、小道具、衣装、ケータリングそのた全てのプロダクションの準備をしました。異国の地、また短い期間での撮影で一切の失敗、遅延が許されない中、映画を撮りきるための準備を行いました。

しかし、ニューヨークについた時は1人でしたが、以前ニューヨークに住んでいた時に出会った人たちなど徐々に私の周りに人が集まってきました。そして、2009年1月20日、寒波が吹き荒むニューヨークで撮影が開始されました。小さなアクシデントはありましたが、無事映画を撮り終える事ができました。日本からお越し頂いた主演の長澤奈央さん、鈴木砂羽さんは時差や寒さなどの環境の中にも関わらず、その演技でこの映画を本当に素晴らしい映画にしてくださいました。ニューヨークのキャストもすばらしかったです。プロデューサーだけでなく脚本家の立場から自分が描いていたキャラクターが実写になって素晴らしく表現されていく瞬間を見た時は本当にうれしいものでした。

そして撮影後メキシコでの編集作業になりました。私自身も編集途中からメキシコに渡りました。言葉も通じない異国の地で、新型インフルエンザの事件もおこりました。この時点では出資者のみならず、キャスト、クルーなどこの映画に集まって来た人たちの思いから映画の完成なしに引き返すわけにもいきませんでした。しかし、ここでも素晴らしい出会いに恵まれ、私自身、またこの映画を支えてもらいました。そして、2009年6月末、映画が完成しました。

メキシコから帰国後、一度ニューヨークへ立ち寄りました。宿泊先はチェルシーホテルです。この映画に関係した全ての人たちに感謝の挨拶をしたかったのと、私自身ニューヨークで俳優をしていて自分の作品を見てみたい気持ちは十分に分かっていたので、まず出演してくれたニューヨークのキャストにこの映画を見せたかった経緯がありました。私のホテルの1室でキャスト達と一緒に私のラップトップで映画を鑑賞しました。

日本に帰国後、日本語と英語の字幕をつけマーケティングを始めました。最初の挑戦は国際映画祭でした。日本での宣伝材料、および海外への販売マーケットの拡大を狙い多くの映画祭へ応募していきました。落選も続きました。そんなおり、ドイツのレーダーハンブルグ国際インディペンデント映画祭から入選の連絡が入りました。これが「ホテルチェルシー」にとっての初の映画祭出品でいた。また、ニューヨークのクルーや関係者達にも見てもらいたいのでニューヨークの映画祭であるクィーンズ映画祭に応募した所最優秀作品賞へのノミネートの連絡が届きました。そして2009年12月に行われたマートルビーチ国際映画祭において最優秀外国映画賞、および主演の長澤奈央さんが主演女優賞をとる快挙を成し遂げました。

ノミネート、受賞を受けて日本のメディアへの売り込みもこの頃はじめました。正直この「小さな映画」の反応はあまりありませんでした。そんな中、ツタヤオンラインニュースの編集部の方に映画のノミネート、受賞の報道をして頂きました。また、この日本での報道が海外でも功を奏しあたらな映画祭の出品が決まってき現在まで8映画祭の上映が決定しました。

そしてついにこの映画が2010年5月8日に初日を迎える事ができました。これまで多くのメディアの皆様に「ホテルチェルシー」を報道頂いております。

構想からはや約1年8ヶ月の月日が経っています。しかし、1年8ヶ月私のラップトップのタイプから始まった映画が、キャスト、クルー、メディアほか数多くの関係者の協力を経て、アメリカ、カナダ、ドイツ、日本の観客の皆様に見て頂けることになったことは本当に感謝しています。私の会社の名前はIchigo Ichie Filmsですがまさに一期一会の出会いによって完成した作品になります。

上映はたった74分ですが、この74分が見て頂く観客の皆様の人生にとって有意義な時間であって欲しいと願っています。そして、私がプロデュース、生み出した作品が多くさんの人に見て頂ければと願っています。

2010年5月8日がこの作品にとって本当の始まりになります。観客皆様の力でこの「小さな作品」を支えていって頂ければ幸いです。映画「ホテルチェルシー」をよろしくお願い致します。