カテゴリー別アーカイブ: インディペンデント映画情報

映画の中の著作権

映画撮影で気をつけなければいけない点に、劇中に使用するロゴ、人物の写真、音楽など著作権の取り扱いになります。

例えばある特定のロゴを使用する場合には、ロゴに著作権が発生している場合があり、厳密には著作権保有者に許可をとらなければなりません。例としては、ハリウッドの撮影ではエキストラの衣装までこと細かく管理されています。一番最初に言われる事はロゴ入りの衣装の禁止です。よく映画を見て頂くと、ロゴ入りの衣装を着ている人は誰もいないはずです。

また、有名人の写真などを使用する時、たいていの写真には著作権保有者がいて、許可なく映画の中で使用する事はできません。ごくまれにパブリックドメインといってどこにも著作権を有さない、もしくは著作権の所在が不明な写真などもあり使用できますが、このような場合でもパブリックドメインであるという証明が必要になる場合もあります。

本日、某日本のインディペンデント映画を見ました。昨年から話題になった作品で商業リリースされたのですが、そこにアメリカの有名人の写真が使用されているシーンが1カ所ありました。もちろん、アメリカにいる写真の著作権保有者がこの写真を見つけ、クレームをつける確立は低いかもしれませんが、厳密に言えば、この写真の商業利用は著作権において大きな問題になります。

現在中国の著作権侵害が叫ばれています。ただ当局や国際機関が厳しくとりしまれない現実もあります。ただ、日本においてもこのよううな現状が起こっては、国際的信用の問題にもなりかねます。特にエンターテイメント産業かかわる人間であれば、明日の我が身ということで、著作権への更なる高い意識が必要になります。

製作者本人の法的責任の為だけでなく、著作権への高い意識をもち日本の映画が作られて行けばと思います。

インディペンデント映画の将来

昨年、今年とはいり日本でインディペンデント系と呼ばれる配給会社の倒産が続いています。CD、DVD不況など映画業界では既存のビジネスモデルが崩れ、製作会社、配給会社を含め大きな変換期を迎えています。

私自身インディペンデント系映画製作者として、この衰退は日本の映画産業全体に影響をあたえる事態だと認識しています。インディペンデント系映画がビジネス的に成り立たなくなれば、若い俳優、監督、脚本家、他全ての映画製作者の新しい活動の場とチャンスがなくなることにつながります。

アメリカの映画産業で8年過ごして気づいたことは、アメリカではインディペンデント系映画が商業的に成り立つ環境、また製作者が挑戦する環境が整っていることがあげられます。こうした環境からアメリカでは優秀な映画製作者達が育ち、広く言えばアメリカの映画産業の繁栄へとつながっています。 インディペンデント映画の将来 の続きを読む

ホテルチェルシー特集記事:Assimilate Case Study

ホテルチェルシーのポストプロダクションを特集した記事がGoogle Newsをはじめとする媒体に取り上げられ世界配信されました。記事は今回ポストプロダクションに使用したAssimilate社のScratch®を特集しており、メキシコのポストプロダクションスタジオと私の話などが書かれています。

デジタルプロデューサーマガジン

http://digitalproducer.digitalmedianet.com/articles/viewarticle.jsp?id=993779

PDF ファイルはこちらから

http://www.assimilateinc.com/pdfs/assimilate_case_stud_eru_digital_v2.pdf

映画ホテルチェルシー英語版サイト

映画ホテルチェルシーの英語版サイトをアップデートしました。キャストやクルー紹介および写真、ビデオギャラリーも加わっています。映画に関するニュースも更新していきますのでアクセスしてみてください。