CG長編アニメ企画「LOBO」原作映画化権購入について

画像

合同会社Ichigo Ichie Films LLCはクリス・カーツ原作のアメリカ児童文学「THE PUP WHO CRIED WOLF」の映画化権取得に関する契約に合意、署名致しました。契約交渉はカーツ氏のエージェントBarry Goldblatt Literary LLCの代理、ハリウッドエージェントファームThe Gotham Groupとの間で行なわれました。

ファミリージャンルのCG長編アニメとして企画開発を行なって参ります。是非ご期待ください。

あらずじ:

NYに住むチワワのロボは大きな夢を持っていたーいつの日かオオカミの群れに加わるという。ある日飼い主のモナの休暇でイエローストーン国立公園に行くこととなる。ロボはオオカミの兄弟達と会う絶好の機会だと思い、旅を共にしたモナのペットのマウスのヘクター、スペイン語を話すオウムのグローリーと共にイエローストーンの野生の荒野にやって来る。はたして体重2キロの都会の小型犬ロボは夢であるオオカミの群れに加わることができるのか?

関連リンク

ANIME NEWS NETWORKS報道

ANIMENATION NEWS報道

ANIMATI報道(オランダ語)

著者クリス・カーツ公式サイト

Amazon.co.jp

 

広告