経済産業省が電通に丸投げ3500万円:映画、アニメ中国共同製作、ロケ誘致後方支援事業

今月12日に韓国の文化体育観光部が中国国営の中国电影集团公司と年内に共同製作協定締結すると発表した。

中国は公開する外国映画の数を制限しているため、共同製作認定により韓国映画プロダクションは中国映画のステータスを得るで国内映画の扱いで劇場公開にアクセスできるものである。

さらに互いの国で撮影する時に優遇を受けるだけに留まらず、需要が増しているVFX受注、俳優、クルーを含む映画に関わる様々な人員が国際プロジェクトに携われる機会を増やす協定になるという。

また今月インドも中国との国際共同製作協定締結に向けた政府級のワーキンググループを組織した。

一方日本はどうなのか? 経済産業省が電通に丸投げ3500万円:映画、アニメ中国共同製作、ロケ誘致後方支援事業 の続きを読む

広告